めめの世界

5世代目となるボルゾイ家族の日常とボルゾイ子犬の成長をつれづれなるままに・・・・

友人わんこの訃報を聞き悲しくて悲しくて目を泣きはらしてます…

どんな子もいつかは旅立つのは仕方ない事だとはわかっていてもその日が来ない事を祈ってしまいます。

どんなに気をかけていてももっとこうすれば良かったとかああしてればと必ず後悔してしまいます。
今回もその友人を誘って遊びに行った事でそのワンコとの時間を奪ってしまった気がして申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私は強そうに見えて動物の死に関しては全くダメなんです。
いつまでもウジウジ泣いてしまいます…
職業柄、かえって人間の死の方が耐えられるのです。
もちろん身内じゃそうはいかないと思いますが…

ワンコの訃報を聞くと急に一段と自分ちの子が愛おしく思いますよね。
意味もなく呼んで可愛がったり寝てるのを撫で回したり…(-。-;







お空には家族ワンコやお友達がたくさんいると思います。
みんなよろしくね!
ご冥福をお祈りいたします。

そして私にはもう1つ心配事があります。
明日、無事に終わりますように。
早く元気になってください。

いつもご訪問ありがとうございます。
よろしかったら足跡の代わりに家族写真をぽちっとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
    posted at 19:00 | うちの子たち | CM(2)

この記事に対するコメント


あ~、わかります。

3年半前に母とディノを2ヶ月で見送りました。
母の死も悲しかったけど、2ヶ月後に亡くなったディノ(13歳7か月)の時のほうがすがって泣いてました。
今もペットロスは抜けきれません(20年前に亡くなったニューファンのルリーからペットロスは抜けてない)

イディアも5月で10歳になりました。あとどれだけ一緒にいられるかわかりませんが、頑張ろうかなぁと思っています(^∇^)
【2016/06/04 21:27】 URL | アヴィンママ #L7pKSJWo [ 編集 ]

アヴィンママへ
アヴィンママもそうですか!
わんこは子犬の時から年取るまで毎日ずっと一緒に生活してる家族ですもんね。

自分たちにだけ一途に信頼を寄せてくれる大切な家族。
その子がいなくなるというのは本当に文字通り心にぽっかり穴が開きますよね。

ペットロスは例え新しい子を迎えようと亡くなった子の代わりでは無いのでいつまでもなくなるものではないですよね。
少しずつ癒されることはあっても。
でもそれでいいと思うんです。
ペットロスになりながらも前向きに生きてますから。
【2016/06/04 21:45】 URL | かりんこ #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ
めめの世界へようこそ!
群れのリーダー ボルゾイ大好き『かりんこ』が綴るうちのボルゾイの日常をご覧ください

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク